ヤクルトのCMに川口春奈さんが出演。ヤクルトレディの人数は?

Sponsored Link

川口春奈さん、伊東四朗さん、藤井美菜さんが出演するヤクルトの新CMが公開されました。あなたの職場にもヤクルトレディの女性がやってくるのではないでしょうか?職場でも毎日ヤクルトを楽しみにしている方も多いと思いますが、ヤクルトレディの方はどれくらいいらっしゃるのでしょうか?

 

今回はヤクルトとヤクルトレディと新CMについて紹介させていただきます。

 

ヤクルトについて

ヤクルトを知らない人は日本にほとんどいないと思います。

もともと、1930年に京都大学で微生物の研究をしていた代田稔(しろた みのる)博士が健康にいいとされる乳酸菌「ラクトバチルス・カゼイ・シロタ株」培養に成功したことがヤクルトを作るきっかけにありました。ヤクルトが製造販売されるようになったのは1955年のことになります。

 

その後1963年にヤクルトレディーという仕組みができてきました。

 

ヤクルトはヤクルト本社が製造販売を行っている乳酸菌飲料になりますが、もともとの語源はエスペラント語でヨーグルトを意味する「Jahurto」からとられたとされています。

ヤクルトは代田稔博士の「日本国民の健康に広く寄与する」という理念のもと作られています。

現在は、ヤクルト以外でもヨーグルト系の「ジョア」や「ミルミル」、栄養ドリンクの「タフマン」なども製造販売しています。

 

最近では飲料以外にも化粧品や医薬品の販売も行っています。

 

ヤクルトレディとは

ヤクルトレディとはヤクルトの商品を会社の社員や個人の自宅への宅配販売を行う女性スタッフの通称になります。ヤクルトの顧客の多くは主婦であったことから、同じ立場の女性のほうが親しみがあるということで1963年に開始されました。

 

2013年には設立から50年を迎えることになりました。日本では2013年に4万人を超えるヤクルトレディがいます。さらに、世界でも4万人を越えるヤクルトレディーが誕生しています。

 

ヤクルトレディはいわゆる契約社員という立場になるため、ヤクルトの会社と提携している顧問税理士に確定申告を任せることで必要経費と青色申告特別控除を受けることができるというメリットがあります。

Sponsored Link

新CMについて

新CMは30秒バージョンの「ヤクルトさん 笑顔」篇と15秒バージョンの「ヤクルトさん 保育所」篇があります。

「ヤクルトさん 笑顔」篇

「ヤクルトさん 笑顔」篇では伊東四朗さんが工務店で弟子たちに厳しく指導しているという設定です。孫娘の川口春奈さんが「おじいちゃん怖すぎ」とおじいちゃんに言いますが、全然いうことを聞いてくれません。そんなときに笑顔の素敵なヤクルトレディの吉田さんが登場します。

 

いつもは怖い伊東四朗さんも吉田さんの前では癒されてしまいます。

 

「ヤクルトさん 保育所」篇

「ヤクルトさん 保育所」篇では、川口春奈さんの姉どいう設定でヤクルトレディとして働く藤井美菜さんが登場します。藤井美菜さんは「りこちゃん」のお母さん役として登場します。ヤクルトには全国に1200か所の保育所があり、お母さんでも安心して働けるようになっています。

 

伊東四朗さんも「りこちゃん」の前ではデレデレです。

 

※ヤクルトのCMはYoutubeにございませんでしたので、ホームページから確認してみてください。

ヤクルトCMギャラリーはこちら

 

まとめ

今回はヤクルトと新CMについて紹介させていただきました。日本だけで4万人、全世界で8万人以上のヤクルトさんがヤクルトとあなたの健康を支えているんですね。

 

あなたも毎日の健康をヤクルトから始めてみてください。

Sponsored Link

サイト内の動画はYoutube公式サイトから転用させていただいております

いつもありがとうございます。
FBなどでイイネお願いします!


コメントを残す