上戸彩さんがCMに出演するイソジンはいつから販売してた?

Sponsored Link

上戸彩さんが出演するイソジンの新CM「やっぱり、イソジン®」篇が2016年4月6日に公開されました。長年愛され続けてきたイソジンですが、あなたは使ったことがありますか?イソジンが販売されたのはいつなのでしょうか?今回イソジンは何か変わったのでしょうか?

 

最近何かと話題になっているイソジンですが、今回はイソジンと新CMについて紹介させていただきます。

イソジンについて

イソジンはムンディファーマ株式会社が開発したうがい薬です。この会社自体はアメリカ系の会社になります。1961年、今から55年前に明治と提携してイソジンの販売を開始しました。

 

イソジンは長い間日本の家庭に愛されて今年で55周年をむかえることになります。このたび、明治との契約が2016年3月で切れたことに伴い、今後の販売についてはムンディと塩野義製薬の子会社が販売を行うことになりました。

 

日本ののどの健康を陰から支えてきたイソジンです。現在、契約を明治から塩野義製薬に移す際にパッケージの問題が生じています。

明治と塩野義製薬の両方がカバに似たパッケージを使っているため、問題になっています。現在のパッケージは8月まで使われる予定となっていますが、それ以降のパッケージは公表されていません。早く、どんなパッケージかわかるといいですね。

新CMについて

新CM「やっぱり、イソジン®」はムンディーファーマ株式会社が行っているCMです。

イソジン1

1961年から販売されている歴史がわかるものになっています。それぞれの時代に合わせて場面が切り替わります。

最初は1961年当時の恰好をした家族が出てきます。

お母さんが「はいうがい」と言ってイソジンが入ったコップを娘に手渡します。一緒に見ていた男の子は「何それ」と興味津々です。

イソジン2

上戸彩さんが一緒に登場し「1961年に初めて登場したイソジン。」とイソジンの紹介を行います。

 

次にその時代ごとの風景が映し出される中で上戸彩さんのナレーションが入ります。「55年ものながーい間家族の健康を守るお母さんに受け継がれてきたのには理由があるんです」「それは?」とここまで上戸彩さんが言うと・・・

別のナレーションで

「のどの痛みの85%はウイルスが原因。イソジンがウイルス・最近を殺菌・消毒」とイソジンの効果について説明してくれます。

Sponsored Link

最後は上戸彩さんが「やっぱりイソジン」とCMを締めくくります。

イソジン2

お母さんになった上戸彩さんらしいCMですね。

まとめ

今回はイソジンと上戸彩さんが出演するCMについて紹介させていただきました。これからも日本の家庭にイソジンが愛され続けていってほしいですね。

Sponsored Link

サイト内の動画はYoutube公式サイトから転用させていただいております

いつもありがとうございます。
FBなどでイイネお願いします!


コメントを残す