菅野美穂さんがCMに出演する三井ホームの家の特徴は?

Sponsored Link

菅野美穂さんが出演する三井ホームの新CMが2016年4月15日に公開されました。新CMは何個かパターンがありますが、三井ホームの目指す健康住宅をアピールするCMになっています。ヒートショックや花粉・PM2.5の対策を家から始めることを目指す三井ホームはどんな住宅なのでしょうか?

 

今回は三井ホームと新CMについて調べてみました。

三井ホームについて

三井ホームは東京本社でツーバイフォー住宅をメインに作っている会社になります。元々は三井不動産と同じ会社になりますが、1974年に三井不動産の住宅事業を継承する形で会社が作られました。

 

今回三井ホームは健康住宅を目指すとしていますが、健康住宅とはどのような住宅になるのでしょうか?三井ホームの健康住宅は木によって作られる住宅になります。

木は鉄と比べて熱伝導率が少なく、温度・湿度・空気を管理するのに適しているといわれています。これをしっかり管理した家を作ることで、健康に過ごせる住宅を作っていくということです。

 

例えば、入浴中の急死、いわゆる「ヒートショック」は家の中の温度差が原因と言われています。これらが原因でなくなる人は年間約14,000人とも言われています。

 

また、湿度をコントロールすることで、インフルエンザの発生を抑えたり、空気をコントロールすることで家の中に花粉やPM2.5などを入れないような仕組みも作っています。

 

健康に加え、美しさや、耐震性も兼ね備えた住宅を目指す三井ホームです。

Sponsored Link

新CMについて

新CMについては以前のものと内容はほとんど変わっていません。

新CMは「ヒートショック」篇と「花粉/PM2.5」篇があります。それぞれを簡単に紹介させていただきます。

三井ホーム

出典:YouTube 三井ホーム広告ライブラリー公式チャンネル

 

「ヒートショック」篇について

CMは菅野美穂さんが中庭で人を集めて家についての説明を行っています。

「安全そうに見える家の中にも、ヒートショックと言う危険が潜んでいます。」と前置きを行い、実際に家の中の温度の違いについて説明していきます。

居間の温度が26℃だとしても廊下の温度は7℃、浴室は29℃といったことはあり得る話です。これが原因でヒートショックが起こるんですね。

 

「命を守るはずの家が命を奪う場所であってはならないから」「三井ホームの健康空調システムと超高断熱は急激な温度差から家族を守ります」と三井ホームの健康住宅を紹介します。

「花粉/PM2.5」篇

こちらも菅野美穂さんが中庭で住宅の説明を行います。「花粉やPM2.5の対策を家電でけに頼っていていいのでしょうか?」「空気の汚れから住む人を最初に守らなければならないのは、家です」

 

三井ホームの家は家全体で有害物質の侵入を防ぎ、空気をきれいに保つ設計になっていることをアピールします。

 

そういったところからも三井ホームは健康住宅を目指しているんですね。

まとめ

今回は三井ホームとそのCMについて紹介させていただきました。

健康住宅を作っている三井ホームですが、あなたはどんな住宅に住みたいでしょうか?健康住宅を考える場合には三井ホームも検討してみてはいかがでしょうか?

Sponsored Link

サイト内の動画はYoutube公式サイトから転用させていただいております

いつもありがとうございます。
FBなどでイイネお願いします!


コメントを残す