auとHAKUTOがコラボしたCMにかぐや姫の有村架純が出演!

Sponsored Link

au三太郎シリーズのかぐや姫役を演じる有村架純さんがauとHAKUTOがコラボレーションした新CM「au×HAKUTO MOON CHALLENGE TVCM実験室」篇に出演しました。新CMは日本からとあるプロジェクトに参加しているHAKUTOとauがコラボしたものになっています。CMは2016年3月28日に公開されました。

 

そもそも「HAKUTO」「MOON CHALLENGE」が何かわからない方もいらっしゃると思います。

今回はHAKUTOが挑戦している「MOON CHALLENGE」と新CMについて調べてみました。

 

「MOON CHALLENGE」について

「MOON CHALLENGE」とは現在「HAKUTO」が挑戦しているチャレンジのことです。そのチャレンジはGoogleがスポンサーを行っている月面探査レース「Google Lunar XPRIZE」です。このチャレンジに「HAKUTO」は唯一日本から挑戦しています。

 

この「Google Lunar XPRIZE」は2007年に宇宙探査コンテスト第2弾としてスタートしました。第1弾は2004年に開催された「Ansari X Prize」というコンテストです。このコンテストは「有人弾道宇宙飛行」を競うものでしたが、今回のコンテストは無人探査機で月面を探査することを目的としています。

コンテスト期間は当初2015年12月31日までの予定でしたが延期されました。

 

この期間に既定の条件を満たした場合、最高で2000万ドルの賞金が手に入るというものです。

現在マイルストーン賞(中間賞)中間賞の発表があり、HAKUTOはその中の1チームに選ばれています。

 

HAKUTOについて

ではそもそも今回のプロジェクトに参加している日本チームの「HAKUTO」とはいったいどんなチームなのでしょうか?

 

HAKUTOの名前の由来は月のウサギからきています。日本らしい「白兎」から「HAKUTO」というチーム名を付けたそうです。

HAKUTOとはベンチャー企業「ispace」の代表である袴田武史さんがチームリーダーを務める民間の宇宙開発チームになります。袴田武史さん以外に「東北大学吉田研究室」、そしてプロポノと呼ばれるボランティアメンバーが中心となってプロジェクトチームが組織されています。

 

特に特徴的なのが、プロポノと呼ばれる方々です。この方々は仕事の関係から完全にプロジェクトに参加することはできませんが、雨中開発に熱い情熱を持ち、自分の得意分野でプロジェクトに貢献している方々です。

 

このプロジェクトチームは政府の力を借りるわけではなく民間企業や個人の力から成り立っているチームになります。

技術の分野でも今回のコラボレーションCMを作成した、KDDIの衛星通信技術のノウハウJALのメンテナンス技術が活用されているようです。

 

参加したきっかけは友人の結婚式だったそうですが、今では夢を乗せた一大プロジェクトになっています。

現在の予定としては2017年9月ごろロケットの打ち上げを計画しているそうです。

 

Sponsored Link

新CM「au×HAKUTO MOON CHALLENGE TVCM実験室」篇について

新CMはカッコいいオリジナル音楽に合わせて「HAKUTO」の月面探査ロボットがゆっくりと進んでいきます。

HAKUTO1

出典:YouTube au公式チャンネル

 

「人類初の月面探査レース」とナレーションが入るとCGではありますが、地面が月面に切り替わります。

 

今回のCMは「HAKUTO」がメインになりますのでCMの最後にかぐや姫役の有村架純さんが少しだけ登場します。

テロップに「ちょっと月面、走ってきます。」とでてきます。

HAKUTO2

出典:YouTube au公式チャンネル

 

あたらしい自由を目指すauの次の舞台は宇宙なのかもしれません。

 

まとめ

今回はHAKUTOが参加している「MOON CHALLENGE」と新CMについて調べてみました。auとHAKUTOという一見見慣れない、聞きなれない組み合わせですが、新しい自由に挑戦するauらしい挑戦と感じました。

 

今後、CMとともにauとHAKUTOの朝鮮にも注目していきたいですね。

CMはこちらからも確認できます。

Sponsored Link

サイト内の動画はYoutube公式サイトから転用させていただいております

いつもありがとうございます。
FBなどでイイネお願いします!

 


コメントを残す