有村架純さんが柿の種のCMに出演。柿の種とピーナッツの割合は?

Sponsored Link

有村架純さんが出演する亀田の柿の種の新CM「いつでもカリッと!」篇が2016年1月24日に公開されました。この亀田の柿の種は「亀田製菓」から発売されているお菓子になります。お菓子としても美味しいですし、ビールのおつまみなどとしても人気がありますね。有村架純さんは2013年10月から柿の種のCMに出演しています。

 

柿の種といえば、子供のお菓子や奥様達の集まるお茶会、学生の宅飲みなどあらゆる場面で登場する日本の人気お菓子(おつまみ)ですね。

 

今回のCMでは、有村架純さんがいろんな場面で柿の種を食べています。

おやつでも」「お仕事中でも」「ひとりでも」「みんなでも」とどこでも活躍する柿の種です。最後は有村架純さんが部屋でスマホをいじりながら柿の種をいただきます。

あなたも、自宅で同じように柿の種を食べている時があるんじゃないでしょうか?

今回は有村架純さんと柿の種について調べてみました。

有村架純さんについて

有村架純さんといえば最近はauのCMでかぐや姫を演じる姿が注目されていますが、どのようなプロフィールなのでしょうか。

有村架純さんのプロフィール

本名:有村架澄(ありむら かすみ)

有村架純 柿の種

出典:YouTube 亀田の柿の種公式チャンネル

生年月日:1993年2月13日

出身地:兵庫県伊丹市

芸能界デビュー:2010年から

所属事務所:フラーム

 

有村架純さんは2009年12月にFLaMmeのオーディションに合格し、翌2010年に芸能界デビューを果たします。

2013年には「あまちゃん」に出演し、一気にブレイクしました。その後、「ストロボ・エッジ」や「ビリギャル」といった話題映画にも出演し、今最も注目される若手女優の一人となっています。

柿の種について

柿の種は、新潟の製菓会社「亀田製菓」から販売されるおつまみです。

・・・と思いきやウィキペディアによると

柿の種(かきのたね)とは、練ったもち米を細かく切り、表面を醤油などでコーティングして味付けして焼いた菓子(米菓)の一般名称である。

とのことです。つまり、柿の種は亀田製菓の商標登録商品ではなくて一般的な呼び方になるんですね。

Sponsored Link

柿の種を一番最初に作ったのは亀田製菓ではなく、浪花屋製菓になります。浪花屋製菓が1923年に初めて発売されたそうです。

発売は?

亀田製菓が現在のようにピーナッツ入りの柿の種を発売したのは1966年になります。1977年には「フレッシュパック柿の種」として現在のように小分けにした袋で販売を行いました。そうすることで、柿の種の味が落ちてしまうことを防ぐことができるようになりました。

1990年前後に起こったビールのドライ戦争により、柿の種はそのおつまみとしての地位を確固たるものにしました。

種類は?

人気の亀田の柿の種ですがその種類はどれくらいあるのでしょうか?

亀田の柿の種の基本商品は

200g亀田の柿の種6袋詰

182g亀田の柿の種わさび6袋詰

182g亀田の柿の種梅しそ6袋詰

になります。

その他には6袋詰の期間限定として、

・182g亀田の柿の種シラチャーソース味6袋詰(現在発売中)

・192g亀田の柿の種ソルト&ペッパー6袋詰(製造終了)

・192g亀田の柿の種ゆず明太6袋詰(製造終了)

 

その他には期間限定の

・120g亀田の受験に勝ちの種

・77g亀田の柿の種チョコ&ホワイト4袋詰(製造終了)

・37g亀田の柿の種チョコ&ホワイト(製造終了)

 

少し高級そうな

・50gたねバルめんたいチーズ

・50gたねバル黒胡椒チーズ味

 

あるいは、6袋に小分けされていないシリーズや、ピーナッツがないシリーズなども販売されています。

 

柿の種とピーナッツの比率は?

あなたは柿の種とピーナッツをどれくらいの割合で食べますか?

疑問符   はてなマーク   クエッションマーク   GATAG|フリーイラスト素材集

私は先に柿ピーだけ食べてしまって最後にピーナッツが残ってしまうことがよくあります。

 

現在柿の種は

柿の種:ピーナッツ=6:4とされています。

私の感覚では柿の種5粒に対してピーナッツ1個くらいの感覚ですかね。

いづれにしても自分に合った柿の種の食べ方を研究したいですね。

 

まとめ

有村架純さんがCMする亀田の柿の種ですが、今も昔も変わらず日本人のおつまみにとって欠かせない存在ですね。

Sponsored Link

サイト内の動画はYoutube公式サイトから転用させていただいております

いつもありがとうございます。
FBなどでイイネお願いします!

 


コメントを残す