栗山千明やカンニング竹山が出演するCMアロエステロールとは?

Sponsored Link

栗山千明さんとカンニング竹山さんが出演する森永乳業アロエステロールの新CM「パウダールーム」篇が2016年3月27日に公開されました。新CMでは栗山千明さんがパウダールームの鏡で自分の顔を見ていると顔に何かがついているようです。顔にはなんとカンニング竹山さんがくっついていました。

 

今回は新CM「パウダールーム」とアロエステロールについて調べてみました。

 

新CM「パウダールーム」について

新CMでは栗山千明さんがパウダールームで鏡を見ています。すると顔に何かがついているのを見つけてしまいます。

アロエステロール1

出典:YouTube森永乳業公式チャネル

 

栗山千明さんが思わず「なにこれ」とつぶやくと「初めまして」と返事を返してきます。

さすがに不審に思って「だれ」と尋ねると「だれって、ただのおっさんです」と言葉が返ってきます。混乱している栗山千明さんは「なんで、なんで私の顔におっさんがいるの?」と聞いてしまいます。

 

顔にいるおっさん(カンニング竹山さん)がすかさず、「コラーゲンが足りてないからじゃないかな」と答えると・・・

さすがの栗山千明も「はあっ?」と怒りを露わにしてしまいます。

アロエステロール2

出典:YouTube森永乳業公式チャネル

 

肌にも気を付けている栗山千明さんは「コラーゲン飲んでるけど」と、すねた様子で反論すると「分かってないなー、コラーゲンは口から入れても効率悪いの。体の中で作らないと」とすかさずカンニング竹山さんが返事をします。

 

「コラーゲンを体の中で作るなら・・・ここ大事!試験出るよ。アロエステロール!」

聞きなれない言葉に栗山千明さんは「アロエステロール?」と聞き直してしまいます。

Sponsored Link

アロエステロールとは美容にいいコラーゲンを体の中で作る素材みたいです。1分バージョンのCMは最後よくわかりませんが、名前が難しく栗山千明さんもなかなか言えなそうです。

とにかくアロエステロール

アロエステロール3

出典:YouTube森永乳業公式チャネル

 

これから注目されそうな名前ですね。

 

アロエステロールについて

アロエステロールとは森永乳業が新たに発見した植物生まれの美容食品成分になります。アロエステロールというくらいですのでアロエ(ベラ)に由来する成分になります。アロエベラに含まれてはいますが、その量はほんの少ししかなく、7.5トンから1グラムしかとることができないそうです。

 

このように貴重なアロエステロールですが口から摂取した場合、細胞に働きかけてコラーゲンとヒアルロン酸の産生を促す効果があるそうです。

アロエステロールは保湿、シワ、かさつきなど様々な肌トラブルに効果があるそうです。

 

もともとアロエは美容に効果がありますが、アロエベラは「真実のアロエ」という意味もあり、化粧品などにも使われています。

4000年の歴史があり、クレオパトラも愛用していたといわれています。

 

美容について気になる方は愛用してみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

今回栗山千明さんとカンニング竹山さんが出演するアロエステロールのCMについて調べてみました。女性のお肌の悩み肌を「おっさん肌」というワードにしてユーモラスなCMになっていますね。

 

もし興味がある方は試してみてはいかがでしょうか?

 

1分バージョンのCMはこちらからも確認できます。

※CMの公開は終了しました。

現在、新しいCMが公開されています。

 

Sponsored Link

サイト内の動画はYoutube公式サイトから転用させていただいております

いつもありがとうございます。
FBなどでイイネお願いします!


5 Responses to “栗山千明やカンニング竹山が出演するCMアロエステロールとは?”

    • 良かったぁo(^_^)o
      同じ気持ちの人がいらしてくれて。
      実際、気持ち悪いですよね?

  1. クレームではありません。
    CMの栗山さんの顔の頬ですが、気持ちが悪い...との意見はありませんでしょうか?
    私だけかもしれませんが、見た瞬間ゾッとするのです。ムズムズ感というか、気味が悪い。
    いつこのCMが流れるのかと思うとちょっと怖いです。
    申し訳ありません。
    一個人の意見ですが、こういう人が他にもいるのでは?と、参考までに。m(_ _)m

  2. 気持ち悪くて観れません!
    テレビをみたくなくなります
    何とか早くやめてください。

  3. いや、私は面白いと思うけどなー。割と楽しみにしてる。第二弾もやりとりが面白い。

コメントを残す